図解:介助犬育成~認定までの過程(引き取った年齢により異なります)

日本聴導犬協会の介助犬育成は12のステップ(15回以上のテスト)


  1. 介助犬は保護犬または良心的な繁殖家から毛の抜けにくい犬種(生後1.5~36カ月)を選ぶ
  2. 第1次社会化(2~10ヵ月間)in ソーシャライザー宅
  3. 適性の中間チェック in 日本聴導犬協会
  4. 第2次社会化(2~4ヶ月間:協会内)
  5. 4ヵ月間in ソーシャライザー宅
  6. 候補犬訓練前テスト後に訓練(最低4カ月間)
  7. 訓練修了テスト(協会内、松本市)
  8. 適性のある候補犬と希望者さんとのお見合い(マッチング:協会内)
  9. 希望者さんとの滞在(共同)訓練(14日間:協会内)
  10. 希望者さん自宅指導(14日間:希望者自宅)
  11. 認定試験が受けられるレベルになるまで、希望者さんによる自宅での訓練(数ヶ月)
  12. 希望者と候補犬との身体障害者補助犬認定試験(厚生労働大臣指定法人=協会内)受験
  13. 引退後は、協会との話合いでユーザー宅のペット犬か、協会で余生を過ごします


タイトルなし

介助犬にご関心のある方にのその他の記事