寄付申込書

日本聴導犬協会は、障害をもたれる方に補助犬(聴導犬・小型介助犬)を無料で貸与し、
無料アフターケアを行っています。
日本聴導犬協会のほとんどの候補犬は、捨て犬などの飼主のいない犬たちから選ばれます。
運営費や育成費は、すべて寄付金や助成金、募金などで支えられています。

<<郵便振込み>>
口座番号:00590-1-93275 社会福祉法人日本聴導犬協会


お振込みの際には、通信欄に、ご寄付の種類
・「一般寄付(使途目的)」・「タッチ&スマイル」・「(聴導犬または介助犬の)あしながおじさん」・「企業・団体サポーター」・「(聴導犬または介助犬の)スポンサーシップ」・「(聴導犬または介助犬の)ガーディアンシップ」)をお書き添えくださいますよう、お願い申し上げます。
なお、「一般ご寄付」につきましては、下記より、ご指示いただけますと幸甚です。

◆◇◆ ご寄付使途のご指示のお願い ◆◇◆
社会福祉法人に登記した段階から、ご寄付者のみなさまに、その使い道をうかがわなくてはならなくなりました。みなさまのお気持ちを生かせるよう使わせていただくためです。当協会では、使途目的のご記入のないご寄付につきましては、すべて「本部(運営費や訓練事業)」に入れさせていただきます。

<一般ご寄付>
使途といたしましては、
(1)「法人の運営全般」
(2)「聴導犬訓練事業」
(3)「介助犬訓練事業」
(4)「公益事業」(普及啓発:講演会旅費、補助犬の資料やステッカー、及び補助犬同伴マニュアル作成、調査研究など)
(5)「施設建設のための準備金」
(6)その他

になります。なお、二つ以上の使途目的を明記していただきました場合は、失礼とは存じますが、内訳の確認のためにご連絡をさせていただくこともございます。ご寛容くださいませ。
お手数と思いますが、お振込の際に通信欄へ使途目的・寄付の内訳をお書き添えいただくか、「寄付申込書」にご記入いただき、郵送またはFAXでお送り頂けますと幸甚です。

寄付申込書
kihu-mousikomisyo (pdfファイル、11669バイト)

申込書のその他の記事