2004年9月6日(月)スタート!
愛の劇場『すずがくれた音』
〜聴導犬になる子犬を育てるボランティアを通して
成長していく家族の物語〜
★TBS系列(月〜金曜・13:00〜13:30)全6週、30回放送予定★

<みどころ>

 TBSでは9月6日(月)から愛の劇場『すずがくれた音』(月〜金曜・13:00〜13:30)を放送する。
 耳の聴こえない人の耳の代りをする犬=聴導犬(ちょうどうけん)。その候補になる子犬を預かって育てるボランティアを始めた風祭家。母親の麻子や父親の貴史、3人の子供たちが、人間のあたたかさや優しさを子犬に伝え育てる一方で、自分たちも家族として成長していく姿を描く。
 主人公の主婦・風祭麻子には愛の劇場初主演となる高田万由子。ズボラで家事は苦手だが、涙もろく、思い込んだら一途な母親を体当たりで演じている。
 撮影には社会福祉法人日本聴導犬協会の協力を得て実際に聴導犬の候補となっている子犬を使い、出演者・スタッフが大切に育て、接してきた。収録が終わった現在は聴導犬になるための訓練を受けている。
*全6週、30回放送予定
(「TBSテレビニュースNo.6020」より)


泉放送制作プロデューサーからのお手紙


日本聴導犬協会トレーニングマネージャーから・・・『撮影の舞台裏』

TBS「愛の劇場 すずがくれた音」
ホームページへ



資料・写真提供:TBS
−情報や画像データの無断転載・転用は禁じられています−

社会福祉法人日本聴導犬協会 www.hearingdog.or.jp